転職 面接 自己紹介 スーツ 女性

転職の自己紹介を兼ねた面接で女性はスーツを着るかどうか。

転職,面接,自己紹介,スーツ,女性

転職の面接で女性の場合スーツで行く必要があるか悩まれる方がいますが、在職中の方ですと服装で活動をしていることがばれてしまうこともありますし、新卒採用のときのようなリクルートスーツで行く必要はなく比較的地味目で失礼のない格好であればあまり気にする必要はありません。それよりも自己紹介の際にきちんと相手の目を見て、今まで何をしてきてそれをどうやって転職後に生かせるかどうかの自己アピールができることのほうが大切です。転職の場合は、新卒採用のときとは違いどんな人間化ということだけではなくて、入社してもらったらすぐに能力を発揮してもらうことを臨んでいます。一番大事なのはどういう格好をしているかということではなくて何ができるかという中身なのです。自己紹介をして今まで何をしてきたかをいったあとには、能力は合っても新しい環境では新人だしシステム等の違いで一から始めないといけないこともあるけれど、学ぶ姿勢があるということを述べると高評価です。やはり職場では人間関係が大切ですので、もしも入社してもらったらということを採用側が考えたときに自分からわからないことは聞けたり、環境に慣れていこうとする努力ができる人を採用したいと思うからです。 346

最終面接での合格率。転職の面接での自己紹介が全てを左右する

転職,面接,自己紹介,スーツ,女性

 ここ近年の日本の経済状態は、不況のあおりで悪い傾向にあります。アベノミクス効果で、やや企業は持ち直しているという話もありますが、求人も改善しているとは言えず、転職はまだまだ厳しい状態です。  内定を得るまで、転職は書類の応募から始まり、書類選考、一次面接、二次面接、時には三次までと、とても時間がかかります。最終面接までに辿りつくための合格率も、書類選考では80%が落とされると言い、さらに最後まで勝ち残っても、その試験の合格率は50%以下であると言われています。非常に選考が厳しいのは、確かです。内定の合格をもらうためには、何が重要かとなりますと、自分を伝えることでしょう。  書類選考においても、直接に採用担当者と顔を合わせる一次の試験においても、自分はどんな人間であり企業にどのような志望を抱いているか、企業に対して自分はどのように貢献できるのか、などを自己紹介として積極的にアピールし熱心な印象を持ってもらえるようにします。企業も雇うとして企業に対しての好感度がより高く、進んで力になろうとしてくれる人材を求めています。  最終面接まで行き着けましたら、どれ程その企業で働くことを待ち望んでいるか、どれ程企業の期待に応える覚悟を持っているかを自己紹介で伝えられたかが、勝負の決め手となります。 347